いなべ市の歯科(歯医者さん)二之宮歯科医院です。小児歯科の案内。治療費、料金等ご相談受付中。

小児歯科

お子様・ご自分をむし歯から守るために

お子様・ご自分をむし歯から守るために

虫歯になりにくい歯にするためには、日々の歯磨きや習慣を見直し、しっかりと予防処置を行うことがとても大切です。

フッ素塗布

フッ素とは体に吸収される自然に存在している物質で、歯を丈夫にするものです。フッ素塗布とは歯面にフッ素を塗ることにより、歯を酸に溶かされにくくし、歯の再石灰化を促進させ、虫歯になりにくくする処置のことです。

シーラント

奥歯の表面の溝は歯垢が溜まり易く、虫歯になりやすい場所です。シーラントとは、その虫歯になりやすい場所を虫歯になる前に白いレジンという歯をつめる時に使う材料と同類のものを使って埋めてしまい、虫歯菌が入り込まないようにする処置のことです。
生えて間もない奥歯の永久歯(六歳臼歯)は磨きにくく、特に虫歯になりやすいので有効な予防方法といえます。

正しい生活習慣と定期健診

  1. 「だらだら食いをしない」
  2. 「甘いものを摂り過ぎない」
  3. 「正しい歯磨きを行う」
  4. 「よく噛んで食べる」

虫歯予防には正しい食生活が一番大事です。 毎日のちょっとした努力で虫歯は予防出来るのです。ブラッシング指導、定期健診と一緒に指導を受けましょう。

スマイルキッズクラブの目的

みんなが0歳から小学校までの間に歯を守る習慣を身につけ、むし歯にならないようになり、その後の永久歯のむし歯ゼロを目的にしています。

スマイルキッズクラブでやること

3ヶ月に一度来院していただき、次のようなことを行います。

1、お口の中の検査
2、お口の中の写真撮影
3、ハミガキ指導
4、お口のお掃除
5、フッ素塗布(むし歯がある場合は、治療が終わってから塗布します)

※一回の所要時間は約30分です。
※来院時の診療費は保険適用になります。
※1~5までの費用は1,500円~3,000円になります。(保険の負担割合によって費用が違ってきます)
※むし歯の治療費は、別途かかります。

コンシールfでむし歯予防

歯みがきやデンタルフロスによって、 歯の表面に付着した食べ物を取り除き、プラークの蓄積を防ぐことは容易ですが、歯の表面にある溝やへこみは、磨きにくいことからむし歯になりやすいのです。この溝やへこみを『小窩裂溝』といいます。どんなに細い歯ブラシの毛先でも細かい溝に入り込んで、食べかすを取り除くことは難しいことなのです。また、体が本来持っている防御反応の役割をもつ唾液さえも、細かい溝やへこみに入り込んで細菌によって作られたこの有害な酸を中和することは困難です。

溝が多いお子様の歯がむし歯になりやすいのはこの為です。ですから、大切なお子様の歯を守るためには、この溝を埋めてあげることなのです。
コンシールfは『小窩裂溝封鎖剤』または『シーラント』の一種で、お子様の歯の溝やへこみを埋める(封鎖する)ために開発されました。コンシールfは、歯を削る必要がないので歯医者さん嫌いのお子様でも安心です。

■コンシールfはフッ素徐放性
コンシールfはフッ素徐放性です。コンシールfから徐々に放出されるフッ素は、歯磨剤中に含まれるフッ素と共に、お子様の歯の質を改善し、歯のエナメルを強くして虫歯予防に役立ちます。

矯正歯科

顎骨が成長している子供の時期に矯正をする事により、理想的な治療・整形ができる場合があります。それはアゴの成長をある程度コントロールしながら矯正を行うことができます。

TOPへ戻る