いなべ市の歯科(歯医者さん)二之宮歯科医院です。床矯正の案内。治療費、料金等ご相談受付中。

床矯正

矯正治療の基本

歯の治療の基本は口腔外科、補綴(ほてつ)科、保存科の3つの違った治療科目の立場があります。

・口腔外科は手術をすることを基本としています。
・補綴は歯を作ることを基本としています。
・保存できるだけ歯を残すのが基本の考えです。

歯列不正は歯と顎の大きさとのアンバランスからおこります。
その他に歯が正しい位置に生えられない、悪習慣の外力があります。

矯正治療では歯を抜かなければいかないのか?

矯正治療では歯を抜かなければいかないのか?

矯正科の考えは顎に歯が並ばないので、歯を抜いてバランスをとります。つまり、矯正治療の基本の考え方は口腔外科です。
右の写真は矯正の目的で左右の歯を抜歯しています。抜く歯は前から4番目の第一小臼歯です。 歯を抜くことは右の写真のような状態になることです。保存の立場でなくても、非常に残酷な状態と考えます。
10才以前に、歯並びに関して歯科医院に相談に行くと「様子をみましょう」と言われます。それは第一小臼歯が生えてくるのを待っているのです。

抜かない矯正をするためには?

顎を拡大して歯と顎の大きさとのバランスを保つ事ができれば、抜かずに矯正ができます。

矯正をする患者さんの歯は抜くほど大きいのかというと、歯が大きいのではなく、顎が小さいのです。
小さい顎に歯並びを合わせる考えが、矯正科の考えです。
小さな顎を正しい大きさに拡大して、歯を並べます。これが保存科の矯正の考え方です。

上顎が小さいから歯が並べません。顎は写真のように痛くなく、拡がります。
歯が並ぶのに必要な正しい大きさに顎を拡げなければ歯を抜かずに矯正ができます。

不正歯列の種類

■生える位置の不正
歯が正しい位置に生えていません。
おかしいと気がついた時に開始するべきです。


■交叉咬合
通常は上の歯が下の歯を被っています。
この状態が逆になり、上下の前歯、奥歯の何本かが交叉している咬み合わせを言います。
通常は上の歯が下の歯を破ってます。
1~2本の歯が交叉しているかみ合わせを言います。


■上顎の叢生
歯が並べないのは歯が大きいのではなく顎が小さいからです。
治療は早期に開始するべきです。
顎が小さくて歯が並びきれない歯並びです。


■下顎の叢生
顎は拡がらないと思っている患者さんがほとんどです。
顎が拡がれば歯は抜かずにすみます。


■反対咬合
通常は上の歯が下の歯を破っています。
この状態が逆になり、上下の前歯が反対になっている噛み合わせを言います。


■下顎の後退
ほとんどケースが悪習慣からおこります。
顎の関節が後ろに後退しています。
咬む筋肉も正しい動きをしていません。
頭の重さは3Kgあります。
1/3の重さが下顎にかかれば顎は後退するのは当然です。


■過蓋咬合
咬み合わせが深く、前から見ると下顎の前歯が見えません。
奥歯は臼歯といいます。臼歯は「うす」ですから、横に下顎を動かす必要があります。 しかし、前歯の咬み合わせが深いので、下顎を横に動かせません。 つまり、よく咬めません。


■前突
前歯が飛び出して、出っ歯といわれる歯並びです。


■正中離開
前歯の2本が開いている状態などを言います。

早期に治療しないと、隣の歯が生えるスペースがなくなり、よりひどい不正な歯並びになります。


■開口
奥歯で噛んでも前歯が開いてしまいます。


床矯正費用

相談 無料
初診料(検査料) 30,000円(税別)
床装置(ネジ付) 60,000円(税別)
床装置(ネジなし) 30,000円(税別)
床装置(前回と同じ設計の装置) 30,000円(税別)
再診療 3,150円
ブラケット治療(上下顎各々) 60,000円~(税別)

TOPへ戻る